Monthly archives "4月 2014"

看護師の私が好きな漢字

discover

看護師の私が好きな漢字は『恵』です。
意味としては『いとおしい。めぐみ。恩恵。賢い。縁起がよい。慈しみ。』です。

まるっと相手を抱き込んでしまう心を表しているのだとか…
なんて包容力豊かな漢字なんでしょうか!
私もこんな『恵』のような看護師を目指したいものです。
看護師としての私はまだまだ未熟なんですけどね!

いつだったか友達に聞いてみたことがあるんです。
私は包容力あるかどうかを…
そしたら「全然ないよ!」と言われました…
友達が私のことを見ている限りにおいて、どうやらいつも自分のことでいっぱいいっぱいらしくて他の人を包み込めるような感じではないそうです(泣)
反論しようと思いましたが反論できる要素が自分でも見つかりませんでしたよ…
情けない限りです。

私が思うに一人っ子だというのも包容力がない要因の一つなんじゃないかなぁ。
妹や弟がいると小さい頃から包容力が培われると思うんです。
一人っ子だと何をするにも一人だし、両親からも包み込まれてばかりだから包容力がつかないんですよね。
昔から兄弟や姉妹に憧れています。

そんなわけで『恵』という漢字が好きな看護師の私。
少しでも『恵』という漢字に近付いていけるように努力していこうと思います!

看護師求人ランキング 看護師対談 | 看護師募集

看護師の私が好きな俳優ジョニーデップについて

discover

看護師の私は映画が好きです。
中でもお気に入りの映画が『シザーハンズ』
看護師の私は何回見ても切なくて泣けてきます。
手がハサミの男と普通の女の子のラブストーリー。

主演を果たしたジョニーデップの演技が最高なんですよ。
表情の乏しい役でしたが、乏しい中で見せるちょっとした表情の変化で気持ちはちゃんと伝わってくるの。

ジョニーデップってちょっと変わった役を演じることが多いですよねぇ。
『シザーハンズ』の他にも『スリーピー・ホロウ』や『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズ、『チャーリーとチョコレート工場』なんかもみんな変わった役ばかり…
変わった役を違和感なく演じているのはジョニーデップだからこそだと思います。

ジョニーデップは幼い頃に親が離婚して(他人事とは思えない)、それから10代前半にはお酒とドラッグに溺れていたそうです。
そんなドン底にいたジョニーデップを救ったきっかけは親友の死でした。
彼が深い演技をする訳はそこにあるのかもしれませんね。

そんなジョニーデップが演じている『シザーハンズ』のハサミ男は、看護師の私が愛してやみません。
何回見たか分かりませんが、看護師の私はまたそのうち見たくなるんだろうな(笑)

看護師 管理職 求人 看護師、看護部管理職の方の質問です。

看護師の私が花見へ行った時の話

discover

看護師の私は幼馴染みの友達と花見に行ってきました。
垂れ桜がキレイだと有名なところです。

車で行ってきたのですが花見場所まで田舎の一本道…
めちゃくちゃ混んでましたよー。
全然進まないの…どれだけトイレを我慢したことか(笑)
ようやく到着してもすごい人で全然楽しめませんでしたよ。
友達と電車で来た方が良かったね…なんて話しました。
そんなわけで早々と垂れ桜とお別れした私たち。
案の定、帰り道も混んでましたよ。
家に帰ったらもうクタクタでした。
看護師の私はまだ夕方だったのにすぐ寝てしまって、気が付いたら朝でしたよ…
しかも看護師の仕事がある日だったので慌てて出勤しました。
朝から疲れはてながら仕事しましたよ。

数日後…違う友達に誘われて近所の大きな公園に花見へまた行きました。
程よく混んでいたけれど、のんびり散歩しながら桜を満喫できて良かったです。
垂れ桜とは比べ物にならないくらいの小規模の桜並木でしたけどね。
看護師の私はこれくらいが丁度良いなぁと思いましたよ。

桜の時期って本当にあっという間ですよねぇ。
もっと長い期間咲いてくれたら、人混みも減るはずなのに…
来年はまた違う場所まで花見に行ってこようかな!
どんな場所で咲いている桜もキレイなはずだから…

看護師 転職サイト 新人ナースの紹介 富田林病院看護部

保健師で良かったと思う

discover

保健師の仕事が色んな人とのつながりを生んだ、私が保健師になってから得たものはそんな人との出会いだと思う。赤ちゃんから高齢者の方まで、たくさんの方々との出会いがあった。仕事の上で同じ保健師や医療関係の方、企業の方や学校関係の方との出会いもあった。保健師という仕事から、色んなことを学んだ。自分がこんなに人の為に努力できるものなんだと知った、自分がおじいちゃんやおばあちゃんと接するのが好きだということに気付いた。子供を好きになった、人を好きになった。自分自身が変わった、人を変えることができた。こんなに素敵な体験ができるなんて思ってなかった、保健師になる前の自分は何を考えていたか。保健師になったばかりの頃は仕事のことで泣いてしまうこともあった、今では泣いている人に感謝されるほどにまでなった。直接家に行って話を聞いたら、「助かった、死のうかと思っていた。」とそういわれた時私は保健師で良かったと心底思った。人を救うなんてそんな大きなこと言えないしできない、けれど救って欲しいと手を伸ばしていたなら握り返すことはできる。それが保健師だからこそできることであるならば、これからもそんな手を見逃さずに握り返していきたい。

保健師求人 保健福祉学部 保健看護学科とは